種類と原因を知りましょう

女性

まずは種類を判別

女性の美にとって大敵となるのが、シワ・シミ・クマです。特にクマは疲れて見えるほか、老けて見えてしまいます。しかし、ストレスを受ける方が増加しているほか、食生活や生活習慣の乱れにより、クマに悩まれている女性が増加しています。クマができてしまった場合には、どのようにして治療をすればいいのでしょうか。クマを治療するためには、まずクマの種類を判別することが重要です。種類には主に3種類あり、それぞれ有効な治療方法が異なります。それぞれの種類に合った治療を行わなければ、悪化してしまう恐れもあるため注意が必要です。PCなどを長時間使用されている方に多いのが、青グマです。血行不良が主な原因であるため、血行を促進することが有効な治療方法です。半身浴や運動、血行を促進するビタミンKが配合されたアイクリームを使用するといいでしょう。

加齢や色素沈着も原因

加齢が原因のクマもあります。それは黒グマです。加齢により目の周辺の筋肉が弱まってしまうため、目の下の眼窩脂肪が突出してしまいます。そのため、目の下にたるみが生じてしまい、たるみの影がクマとなってしまうのです。コンシーラーなどでは影を消すことはできないため、美容外科などでヒアルロン酸を注入して貰う必要があります。また、ひどい黒グマの場合には、眼窩脂肪を除去する手術も非常に有効です。シミと同じ原因のクマもあります。それは茶グマです。表皮に色素が沈着することが原因であるため、美白成分が配合された化粧品を使用するといいでしょう。また、目の周辺にかゆみがある場合にも茶グマになりやすいため、乾燥しないようにすることも重要です。真皮レベルで色素が沈着している場合には、レーザー治療が最も有効です。美容外科に相談することで、適切なレーザー治療を受けることができます。

容姿に自信が持てる

先生

美容整形はコンプレックスの悩みを解消してくれる方法の一つです。大阪では複数の美容整形外科があり、また経験豊富で信頼できる医師も複数います。見た目の美しさを得ることができる美容整形は人生を好転するチャンスになります。

さまざまな方法があります

顔の手入れ

シミを消す方法はさまざまあり、日々進化しています。中でも根本的にシミの元を除去するレーザー照射は短期間で変化を感じることができます。塗り薬や飲み薬では長期的に治療するのに対して、レーザー治療はわずか数回で完了します。しかしながら、肌によって合う、合わないなどがあるため注意も必要です。

プチ整形でパッチリ目元に

顔の手入れ

二重のプチ整形と言われる埋没法は、かかる費用や施術時間などからも大変人気が高いです。施術数も増加しているので、術前の情報などは得やすいのではないでしょうか。埋没法を受けるならば、徹底した医療機関の情報収集のもと、納得できる医療機関の選択が必要なのです。